新型コロナウイルスの対策のため噴霧器による校舎内の除菌・抗菌・抗ウイルスを実施いたしました

2021.08.06

お知らせ

7月17日(土)に、感染症対策としてバクタクリーン(除菌噴霧器)の施工会社の方より、校舎内の除菌・抗菌・抗ウイルスを実施しました。

空調など一般的になかなか除菌できない部分も、実際にはウイルス等が知らない間に循環している可能性があります。そのため今回は噴霧器を用いて、空調設備のダクト内部なども含めて室内の隅々まで見えない部分まで除菌を行いました。

今回施工頂いたバクタクリーンは、コロナウイルスに99.95%不活性化性能効果を示した製品で、2月に中国で行われたコロナウイルス対策でも使用されています。また、経済産業省からも「新型コロナウイルスに有効」との認定を受けています。

施工された机や椅子、設備に付着した細菌やカビ・ウイルスがほぼ瞬時に死滅・不活性化し、その効果は3ヶ月以上持続します。ご来校頂くみなさまの安心・安全のために、浜松医療学院は今後も引き続き徹底した感染症対策を行ってまいります。